豊田市でトイレのつまりが発生した時に試したいこと

豊田市でトイレのつまりが発生した際には、多く人が焦ってしまうことでしょう。

このような場合にはとにかく冷静になり、現在起きている症状に合わせて対応することが望まれます。まず行いたいこととして、ぬるま湯を流してみましょう。豊田市のトイレのつまりの原因として、トイレットペーパーやティッシュペーパーなどがつまっている可能性もあります。40度から60度ほどのぬるま湯を流すことによって、詰まっている排せつ物や紙などを溶かすことができるので、改善できる可能性もあるでしょう。しかしあまりにも温度が高いお湯を流してしまうと、便器が割れてしまう可能性もあるので十分に注意しましょう。

そして豊田市でトイレのつまりが発生した際には、ラバーカップを使うのも一つの手段です。ホームセンターでも購入することができる、いわゆるスッポンと呼ばれるものです。便器の中の水を少しだけくみ取って、流れていく入り口部分にカップを押し付けるようにして引き上げます。この動きを何度か繰り返してみましょう。

うまくいけばゴーッと水が流れる音がして、水が吸い込まれていくはずです。そしてワイヤーブラシを使う方法も一つの手段といえるでしょう。専門業者も扱う道具の一つで、細長いワイヤーを便器の中に差し込んで、その中で詰まった異物を崩していく方です。しかしこの方法は業者も行う方法であり、難易度の高い方法と言えます。慣れていないのであれば、まずはラバーカップを使って試してみる方法がよいといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *